【スイッチボット】ハブミニの見た目と付属品について

テレビやエアコンなど、家電製品のリモコンをスマホで操作するデバイス

スイッチボット ハブミニ

このページでは、この製品の見た目についてレビューしています!

スイッチボットハブミニの箱

本体の大きさや、一緒に入っているツールを画像つきでご紹介。

買おうかどうか考えている方の参考になれば幸いです。

スイッチボット ハブミニ本体

手のひらサイズの正方形のデバイスが本体です。

スイッチボットハブミニ本体

軽いです

これを壁にくっつけて使います。

壁につけたスイッチボットハブミニ

裏面には、画びょうをひっかける穴が1つ。

また後述しますが、両面シールもいっしょに入ってます。

「壁に穴をあけたくない!」という方は、シールを使って壁につけます。

スイッチボットハブミニの本体裏面

本体を側面から見ると、microUSBケーブルをつなげるところが見えます。

microUSBケーブルの接続口

側面反対側には、スマホとペアリングするときや、初期化するときに使用するボタンが。

見づらいですが…ボタンがついてます

本体はWi-Fiルーターや家電の近くに取りつける

説明書にもかんたんに書いてありますが…スイッチボット ハブミニは、Wi-Fi接続が必要。

なので、本体はできるだけWi-Fiルーターの近くに取りつけます

 

また、ハブミニ本体からの赤外線で家電を制御しますから、家電とも近い位置にある必要がありますね

スイッチボットハブミニの説明書

赤外線の対応範囲は”30m”と広めなので、そこまでビッタリ近づけなくても大丈夫だと思いますが…

できるだけ近い位置に取りつけておいて損はないでしょう。

 

ちなみに私の家(アパート)では、エアコンとテレビの近くに(約1m)つけました。

画像には映ってませんが、Wi-Fiルーターも3mくらいしか離れてません。

近いにこしたことはないはず

スイッチボット ハブミニ付属品

ここからは、いっしょに入ってるツール2点の紹介です。

  • microUSBケーブル
  • 両面シール

開封したときのスイッチボットハブミニ

まず1つ目がmicroUSBケーブル。

最近はTypeCケーブルが増えてきましたが…

それまでAndroidスマホなどで主流だったケーブルです。

microUSBケーブル

ここで1つ注意点がありまして…

USBケーブルをしこむ電源アダプタは同梱どうこんされていません!

ご自身でお持ちのアダプタをご用意ください。

黒の電源アダプタ

USBが接続できればOKかと思われます

ハブミニ本体とケーブル、電源アダプタをつなげると↓

スイッチボットハブミニと電源アダプタをつなげる

これでOK

さて、2つ目は両面シール。

3M両面シール

前述したとおりスイッチボット ハブミニ裏面に貼って、壁にとりつけます。

枠に合わせてシールを貼る

スイッチボット ハブミニの外観レビューでした

スイッチボットハブミニ本体

まとめると…

  • ハブミニ本体、microUSBケーブル、両面シールの3点が入ってます。
  • 別でUSBが挿せる電源アダプタが必要。
  • ハブミニ本体は壁に取り付けられます。
  • Wi-Fiルーターや家電に近いところに取り付けたい!

 

以上、スイッチボット ハブミニ本体の見た目と付属品についてでした!

コメントどうぞ! 返答率は100%!

タイトルとURLをコピーしました